FC2ブログ
ポンコツ大王の部屋
ポンコツ大王の独り言(時々)
ブログの
更新期限が迫ってきてるんで一言

とりあえずバルサにかなうチームなんてないよ(笑)
スポンサーサイト



ARSENAL V BARCELONA 1st leg
思いついたままに間近に迫った
アーセナルVSバルサの試合展開を予想してみよう
まず、メンバーから

アーセナル 予想フォメ 4ー2ー3ー1
GKシチェツニー
RBサニャCBジュルーCBコシエルニーLBクリシ
DMソングDMウィルシャー
RMウォルコットOMセスクLMアルシャビン
STファン・ペルシー

SUB
GKアルムニアCBスキラッチRBエブエDMデニウソン
OMロシツキーSTベントナーSTシャマフ

こんな感じかなー
中盤5人の流動的なパスワークに俊足の両SBが運動量豊富に攻撃参加
STは前線に張るんじゃなく周りの状況を見て
サイドに流れたり飛び出したり臨機応変に動く

スピードのある選手が多いので高めでボールを取ったら一気にカウンターも

ポゼッション率が高く、相手の攻撃時間が少なければ少ないほど
アーセナル本来のフットボールが出来てるという事になる

SUBも誰が交代しても柔軟に対応できるメンバーであり
スタメンとの実力差もあまりない

残念なのは今期絶好調だったGKファビアンスキと
OMナスリが怪我で出られない所くらい


次に

バルセロナ 予想フォメ4ー3ー1ー2(4ー1ー2ー1ー2)

GKバルデス
RBダニアウベスCBプジョルCBピケLBアビダル
CMシャビDMブスケツCMイニエスタ
OMメッシ
RFペドロLFビジャ

GKピントCBミリートLBマクスウェルDMマスケラーノ
CMケイタOMアフェライSTボージャン

パスの殆どが味方の足下へのパス、それも1、2タッチで正確に繋げてくる
ポジショニングはあまり変わらないがパススピードが速いため
相手守備陣が整っていても平気で突破してくる

ダニアウベスは運動量豊富で攻撃参加の頻度が高く
時にウイングの位置でプレーすることも

シャビはタッチ数は少ないが味方の位置を掌握していて正確で決定的な
パスを前線に供給すしてくる

イニエスタとメッシは抜群のキープ力があり
下手に踏み込むと簡単にかわされる
特にメッシは3、4人を平気で抜き去りミドルから
正確なシュートを撃ったり、味方へ決定的なパスを送れる

FW2人は両足での決定力があり狭い局面も周りの連携だけで崩す力がある

守備はチームで徹底していて相手のボールに
向かって3、4人で囲み高い位置でボールを奪取してくる

全体的に高さはない セットプレー時はピケが一番驚異


…と、こんな感じ
全然まとまってないけど(笑)
アーセナルは前の記事でも多く書いてきたから少し省いて書いた

1st legはアーセナルのホームなので
主導権はアーセナルが持てるだろう
たとえ相手がバルサでもアーセナルのパスワークに
対処するのは至難の業だと思う

マッチアップで勝っておきたいのは
まずクリシとアウベス
ホーム、アウェイ関係なくアウベスはガンガン攻め上がってくる

そこをクリシが高い位置でカットしてアルシャビンに繋げれば
一気に決定的なチャンスに持っていける

次がソング、ウィルシャーとメッシ、シャビ、イニエスタ
ソングのボール奪取率とポジショニングの上手さは前記事にも書いた通り
でもソング一人だけでは到底この相手たちから勝つのは難しい
ウィルシャーのサポートや、時にOMのセスクが戻ってこなければいけない

でもセスクが下がりすぎるとバルサにイニシアチブを
取られるので戻りすぎは注意

そしてウォルコットとアビダル
ウォルコットはガンガン仕掛けていって欲しい
アビダルはスピードとフィジカルがあるが30を過ぎてるので
スタミナ面に難があると思う(最近CBやりたがってるくらいだし)
まぁウォルコットもスタミナある方じゃないけど、
途中で替わるつもりで前半から縦の意識は強くほしい

やっぱホームなんだしいつものアーセナルらしい戦い方を
してもらいたいな

カンプノウでは間違いなく辛い試合展開になるので
アウェーゴールはいったん無視して
なるべく多くゴールして次に繋がる試合をしてほしい

今のアーセナルなら絶対勝てる(`´メ)


…まぁこんだけ長い記事を書いたのは
当日試合見れないから脳内でシミュレートしたかったからです(笑)
さぼりまくってたブログ再開
去年暮れから全然、記事書いてなかった~
ってかブログの存在自体、忘れてた~(笑)

ってことで2011年の初記事は目前に迫ってきた
CL決勝トーナメントの事でも。

去年の決勝の再現になるインテルVSバイエルン
チームとして完成されてきたトッテナムVS新ファンタスティック4のミランと

色々面白い組み合わせがあるけどやっぱ一番は
アーセナルVSバルセロナでしょ~

去年も当たった両チーム、結果はカンプノウで
ぐうの音もでない程の完敗でバルサに敗れたアーセナル…
けが人が多かったとかのレベルじゃなくやってるフットボールの質が違ってたね…

そして今シーズンも去年以上に、というか史上最強なんじゃね?と
言われるほど強いバルサ…
ダイジェストでしか見てないけどバルサのサッカーはホント凄い

とにかく華麗なパスワーク
長年サッカー見てる自分も次にどこパス出すのかが分からない
選手のポジショニングは流動的で組織化されてる

そして何よりも恐ろしいのが連続バロンドール受賞のメッシ
もう止める術がないよね

世界中の誰にも止められないドリブルとスピード
ポジションをトップ下にしたことで周りの選手との連携も上がって
毎試合、無双状態だもんな~

でも自分が思うに、だからアーセナルがバルサに勝てないって事では決してない
今シーズンのアーセナルの試合はほとんど見てきた
リーグでは首位マンUに僅差の2位
チームの完成度はかなり高い所にある

抜群のパスセンスとドリブルキープ力を持つセスク
怪我から復帰して今、絶好調のファン・ペルシー
最近得点力も備わってきたウォルコット etc...
攻撃陣のメンバーはどのチームが見ても羨むような豪華な面子

でもやっぱ今のアーセナルを支えてるのは
ウィルシャーとソングのダブルボランチだと思う

レンタルから戻ってきたウィルシャーはチームに欠かせない存在になった
もともと能力の高かったキープ力とパスセンスに加えて
守備力やフィジカルが付いてレギュラーに定着

ソングは自分では文句なくプレミアナンバーワンのDMFだと思う
高いボール奪取力等の守備面は勿論、マイボールにした後の
味方への繋ぎは的確だし、時に後ろから攻撃参加して
ゴールにつなげるプレーも今シーズン増えてきた

自分としてはこの2人の出来がバルサ戦の鍵になってくると思う


次の日記でアーセナルVSバルサの1st.legの予想でも書いてみよ
それにしても文章下手になったな(笑)


久々
更新した

もう今年もあと少しだ

今日はアーセナルVSチェルシー見た
前回のスタンフォードブリッジでは0ー2で負けたアーセナル
エミレーツで迎えたこの一戦

結果は…3ー1でアーセナル勝利!

いや~気持ち良かった~
若干、チェルシーが自滅してくれたってのはあるけど
昨シーズンの優勝チーム、前回のアウェーでの敗戦、

そして何より
同じロンドンに本拠地を置く
チーム同士の勝利は大きいね

攻撃にも守備にも大健闘のソング
爆発的なスピードでぶっちぎったウォルコット
多少ミスが目立ったけど
1GOAL1ASSISTの頼もしいCAP、セスク

でも何より嬉しかったのがファンペルシーのリーグ初スタメン
やっとエースが本格的に戻ってきたよ~(/_;)

今まで移籍1年目にして1TOPを務めてきたシャマフ
打点の高いヘッドと柔軟なボディコントロールが巧い選手
もちろん良い選手だしアーセナルに
欠かせないプレーヤーになってる

でもガナーズのSTのファーストチョイスは
やっぱファンペルシーだと自分は思う

左足のプレースキックは勿論、
ゴール前の落ち着き払った正確なコントロールシュートに加えて
どこからでも狙える強烈なロングシュート、
態勢や角度が厳しくても狙えるボレー、
周りを活かすパスセンスやフリーランニング、
独力で打開できるドリブル技術、
そしてベンゲルのフットボールを長年培った経験は
若いチームには必要不可欠だね

まぁファンペルシーもまだまだ老け込んでないけどね(笑)

ゴールには絡んでないし試合勘もまだまだだけど
シーズン残り半分はフル活動でお願いします

RVP!(^^)!

ついでにツイッターもフォローしといた(笑)
あとナスリとウィルシャーも



今日
ちょっと走ったらバテた
足の巻き爪のせいで運動してなかったからな~

足は治ったからこれからまた走らないと